Archive for the ‘Newsletter Articles ・ 広報ゆりはまの記事’ Category

h1

湯梨浜町国際交流協会・Yurihama International Friendship Association

2015.11.15 (Sun)

皆さんは「湯梨浜町国際交流協会(YIFA)」をご存知でしょうか? 英語では「Yurihama International Friendship Association」といいます。YIFAでは、さまざまな国の人々や文化に触れることで、幅広い分野での国際交流や相互理解を積極的に推進しています。私も会員の一人として、皆さんにどんどん参加していただきたいと思い、このコーナーでYIFAの活動をご紹介することにしました。

YIFA

YIFAでは、外国人や外国に住んでいた日本人の講演、音楽会、ウクレレ講座、韓国語や英語などの語学講座、料理講座などのイベントを開催しています。また、姉妹都市提携を結んでいるハワイ郡の訪問団が来られるときなどには、交流関連事業を計画したり、他の組織の催し物に参加したりします。多くのイベントは子どもから大人まで、誰でも気楽に参加できます。また、2,000円の年会費を払ってYIFA会員になれば、イベントの情報をすぐに知ることができますし、割引料金で参加できます。

このように、YIFAでは、他では体験できないさまざまなイベントを行っています。特に力を入れるのは、ハワイ郡だけではなく、南米、ヨーロッパ、オーストラリア、中東、韓国など、世界中からゲストを呼んでいることです。手間やお金がかかる旅行をしなくても、さまざまな国の文化や習慣についての興味深い話しを聞けたり、世界中の食べ物や音楽を楽しめたりするのです。そして、異文化の世界を知ることで、日本の文化をより深く理解できたり、視野を広げたりできると思います。

また、外国語が話せるようになりたい人にとっては、コミュニケーションを取る上で欠かせない、他国の習慣や文化についての知識を身に付けることができます。そしてもちろん、新しい友人に出会える機会にもなりますね!

国際交流で何よりも大事なことは、広い心を持ってお互いを受け入れることです。ですからYIFAでは、外国語が全くできないと思っておられる人や、今まで国際交流に興味を持っておられなかった人も大歓迎です。また、講座やイベント等は一年中行っていますので、お忙しい人は時間があるときだけ参加していただいても構いません。

興味があれば、役場企画課(TEL 35-5311)までお気軽にお問い合わせくださいね。 お待ちしています☆

Advertisements
h1

Who cares if you make a few mistakes? 言葉を間違えながら話しましょう!

2014.08.01 (Fri)

 

国の人口の英語話者の割合

国の人口の英語話者の割合。クリックしたら拡大。 Click to enlarge.

I’m sure you were told when you’ve been learning English that you need to use the ‘correct’ grammar and pronunciation. But language is a fluid, organic thing that doesn’t really have strict rules. There are lots of English words where the pronunciation and the spelling aren’t consistent, and many examples of grammar exceptions.

If you take a look at the history of English, the reason for this becomes clear. Very briefly, the West German dialect of the Germanic tribes who conquered England in the 5th century became the foundation of modern English. In the 12th century, the Norman conquest brought many French words into the language, and then from the 15th to the 17th centuries, the Great Vowel Shift led to a change in pronunciation after spelling was largely set, which is why the spelling and pronunciation of some words is so different in modern English. And all the time the English language was taking in words from Latin and Greek, as well as Scandinavian and other Western European languages, creating a very mixed language. In the 16th century, the English of that time went with emigrants to America, Canada and the West Indies, and through the 19th century colonial period, the English of that time went to India, South Africa, Hong Kong, Australia and other places. In each place, it mixed with the local languages and developed into stand-alone regional dialects.

Modern English, which is based on that convoluted history, is spoken by 430 million native speakers around the world, and as a second language by nearly three times that number of people. So given all of that, I want Japanese people to know that there is no such thing as ‘standard English’, and so you don’t need to worry if you are speaking ‘correct’ English. Of course, you need to know something about grammar and pronunciation to get your meaning across, but it’s better to focus on whether you are communicating with the other person rather than whether your English is ‘correct’. If you don’t stress too much, and just have a go at speaking, you can generally get your meaning across. Even if your grammar or your pronunciation is a bit different!

On another note, I’ll be finishing my contract with Yurihama and returning to Australia at the start of August. My time here has flown past, and thanks to the kind people of the town it has been a wonderful year. My husband Pete and I have really enjoyed living in Yurihama, and we’ve met so many different people and made many good memories. I want to express my deep gratitude to everyone. Over this year, I’ve heard a lot of American English and a lot of Tottori Japanese, and recently I was told by friends both back home and in Kanto that my English and my Japanese have become a bit different! Language really is a living thing.

It was only a short time, but I want to thank you everyone, and I look forward to seeing everyone again.

正しい文法や発音を覚えましょうと、英語を学ぶときに言われたことがあると思いますが、私は言語ほど流動的で、有機的で、そしてはっきりとした規則があるものではないと思っています。例えば、英単語ひとつをとっても、発音とつづりが一致していないものや、文法にも例外がたくさんあります。

これは英語の歴史を学べば分かると思います。5世紀にゲルマン系民族がブリテン島を占拠したとき、当時の西ドイツ語の方言が英語の基になっていると言われています。12世紀にはノルマン征服によりフランス語が大量に導入され、15~17世紀にかけて起こった大母音推移(長母音の変化)により、今の発音になったようです(だから、つづりと発音が異なる単語が多いのです)。これと同時にラテン語やギリシャ語をはじめ、スカンジナビアや西ヨーロッパの国々の言葉なども入り込み、非常に複雑に進化した混交語になりました。また、16世紀に入ると、アメリカ、カナダ、西インド島などへ移民した者が当時の英語を持ち出したり、19世紀のイギリス植民地時代にもオーストラリア、香港、インドへもその当時の英語を持ち出したり、先住民の言語などの影響を受けたりと、それぞれの場所で独自の進化を歩んできたのです。

このような複雑な歴史をたどってきた現代英語ですが、英語を母国語としているのは世界中で4億3千万人、そして第2言語として話している人はその3倍もあるようです。つまり、現代英語には標準語がないので「正しい英語を使わなければならない」という心配をする必要はないことを、多くの日本人に知っていただきたいのです。もちろんある程度の文法や発音が必要ですが、それが正しいかどうかを心配するより、自分の言いたいことが相手に通じているかどうかを考えればよいのです。緊張せずに、とりあえず言ってみると、何とかなるものですよ。少しくらい文法や発音の違っても!

さて、私は8月にオーストラリアに帰国することになりました。本当にあっという間の1年間でしたが、夫のピートと生活を楽しむことができましたし、たくさんの親切な皆さんと出会えたので、とても素敵な時間を過ごすことができました。深く、深く感謝しています。この1年間でたくさんアメリカ英語や鳥取弁が耳に入ったので、この前ブリスベンや関東の友達に、英語にも日本語にも少しなまりができたと言われました。本当に言語は生き物だなと思います。

短い間でしたが、本当にありがとうございました。また、皆さんとお会いできたらいいですね。

h1

Australian school lunches オーストラリアの学校のランチ

2014.07.10 (Thu)

lunch

The thing is, in Australia we don’t have school lunches (maybe at some private schools…). School students bring a lunch box from home, or buy their lunch from the school canteen. In some schools, they have a ‘lunch order’ system where in the morning you write your name, class and your order on a paper bag and put your money in.

School canteens sell a range of things like sandwiches and light meals, fruit and water. With obesity becoming more of an issue in recent years, some schools have started banning the sales of junk food like Coca-Cola and potato chips. Some canteens are run by parents and volunteers, rather than by a business.

Another thing is where the kids eat lunch. Unlike America, where there are cafeterias, or in Japan where they eat in the classroom, Australian kids usually eat lunch outside, or if the weather is bad, in the gym or under covered areas. As well as lunch, there is morning teatime, when the student will eat a snack or some fruit.

The average Aussie lunchbox is very different to a Japanese obento (lunch box). Plastic containers are common, and they are on the larger size. This isn’t so that lots of food can fit it, but more because it’s normal to include a frozen drink box or bottle, to keep the lunch cool until it’s time to eat it.

Finally, there are a lot of Australian kids who make their own lunches. Of course, when they’re small, their parents or carers will make their lunch, but from about 8 years old onwards, it’s thought to be good for kids to make their own lunch (of course, with some help and a bit of checking of the contents by parents from time to time!).

実はオーストラリアの学校には給食がありません(私立ではたまにあるようですが・・・)。子供たちはランチボックス(お弁当)を持参するか、学校にあるキャンティーン(売店)を利用します。小学校では、朝に紙袋に名前、クラスと注文を書き込んでお金を入れるランチオーダー制度もあります。

キャンティーンでは、サンドイッチや軽食、果物、お水などが売られていますが、最近肥満のことが話題になっていることもあり、コカコーラやポテトチップスなどは販売を禁止している学校もあります。また、キャンティーンの運営を親たちがボランティアでやっている学校もあります。

さて、オーストラリアではランチを食べる場所は、アメリカのようにカフェテリアではなく、日本のように教室内でもなく、屋外でランチを食べます(天気が悪い場合は体育館や屋根付きの通路とかで)。そして、ランチのほかにモーニングティー(中休み)の時間もあり、そのときに果物やお菓子を食べています。

そして、ランチボックスは日本のお弁当とかなり違っています。一応、箱に入っている昼食ということは確かですが、全く別物です。一般的にはサンドイッチ、飲み物(水やジューズ)、果物一個、ヨーグルトとスナックなどですが、オーストラリアは移民の国と言われるように、ケバブからおにぎりまでのバラエティ豊かです。ただ、最近はお菓子など栄養の偏った物が増えてきているようで、子育ての面で問題になっています。その点で、最近日本式のお弁当もクローズアップされています。

それに、ランチボックスは日本のお弁当ほどかわいくないです。タッパーみたいなものが多いし、サイズも大きめです。それは食べ物をたくさん入れるためではなく、弁当の中身を冷やすために凍らしたパックジュースや水筒を入れるためです。

最後に、オーストラリアの子供たちは、自分で弁当を作る子が少なくありません。もちろん小さいときは親に作ってもらうのですが、8才頃から自分でランチボックスを作ることが大切と思われています(もちろん親が手伝ったり、中身を確認したりすることも!)。

h1

Let’s focus on similarities rather than differences 「違う」より「同じ」ところを意識しましょう

2014.06.11 (Wed)

 

United-Nations-flags-SC

Photo credit: United Nations Creative Commons

Occasionally I’ll get asked by some kids here, “Can you teach us a game from overseas?” But the games I played as a kid were things like tip-chasey (tag), rock-paper-scissors and hide-and-seek. Even the songs we sang, like London Bridge is Falling Down, Twinkle Twinkle Little Star, If You’re Happy and You Know It… all these things are commonplace in Japan. The kids seem to think, “People in foreign countries are different”, but the truth is, the difference isn’t all that big.

It’s the same story with TV shows. Each Saturday I’d get up early to watch Mysterious Cities of Gold and Atom Boy, without any idea what country they’d come from. Even today, it’s not exaggerating to say that things like Pokemon, Dragonball and Ghibli movies have become a part of Australia’s culture. And in the same way that curry-rice and mabo-dofu have become everyday in Japan, sushi and ramen have become part of the food culture in Australia. If that’s not international exchange, I don’t know what is!

On that note, kids often ask me about ‘foreign countries’, but I can’t help thinking, what country do they mean by that? It’s natural to think about the world in terms of ‘my country’ and ‘foreign countries’, but by thinking about the world in those binary terms, you lose the rich diversity of those more than 200 countries that make up ‘foreign countries’.

So when I’m talking to the kids, I try not to use the words ‘foreign countries’, and instead use the name of a specific country or region. I don’t know about all those different countries, and I can’t pretend to represent them, so even if I’m asked about ‘foreign countries’, I can only answer about those places I know about.

Also, if we only ever talk about how things in ‘foreign countries’ are different to Japan, it only serves to make international understanding more difficult. Of course, you can’t talk about similarities without knowing about differences, and it’s interesting to identify the differences between cultures. However, if we only focus on the differences, it has the effect of emphasising the distance between two cultures.

It’s a small thing, but I believe that with small things like this we can gradually break down prejudices. Don’t you think that, whether you say we’re all humans, or all global people, if we can focus on the idea of our similarity, all those ‘foreign’ places become much closer to us? Could it be that by searching for how we are similar, we might also find a more peaceful world?

たまに子供たちから「外国のゲームを教えて」と言われます。私が子供のころに遊んでいたゲームと言えば、鬼ごっこ、ジャンケンやかくれんぼなどです。歌でもロンドン橋、キラキラ星、幸せなら手をたたこうなど、日本でもありふれたものですね。子供たちは「外国人は違う」と思い込んでいるようですが、実はそう違ってはいないのです。

テレビ番組も同じで、私は毎週土曜日に早起きして、太陽の子エステバンや鉄腕アトムなど、どこの国のものか知らずに見ていました。今ではポケモン、ドラゴンボールやジブリなど、もうオーストラリアの文化の一つになっていると言っても過言ではありません。食べ物も日本ではカレーライスや麻婆豆腐が食卓に並ぶように、オーストラリアでは寿司やラーメンも普及し、すっかり国の食文化になっています。これが国際交流でなくてなんでしょう!

子供たちに「外国」についてよく聞かれますが、そもそも「外国」とはいったいどこでしょうか? 当然「祖国」と「非祖国」と言う考え方はありますが、世界200カ国の国々をみんな同じ「外国」として見なしてしまうと、各国の豊かな多様性まで見失いがちになります。

だから私が子供たちと話すときは、「外国」という言葉は使わず、その国や地域の名前を使うようにしています。私自身、全ての国々のこと詳しく知っているわけでもなく、各国の代表者でもないので、「外国」について聞かれても、自分の知っていることについてしか答えられません。

また「外国は違うよ」と言っているばかりでは、国際理解が難しく、遠く感じてしまうと思います。もちろん、どこが違うかが分からなければ同じところも分かりませんし、文化の違いを見つけることもおもしろいことです。しかし、文化の違いばかりに集中すると、逆にその文化が遠く感じてしまうのではないでしょうか。

小さいことでもありますが、こうしたことで少しずつ偏見を壊していきたいと思っています。人間同士、地球人同士と言いますか、「同じ」と言う概念を分かってもらえれば、どんな「外国」でも近づいてくるのではないでしょうか。そして、似たところを探す方が、平和な世界につながるのではないでしょうか?

h1

An enjoyable year in the Chugoku region 中国地方を満喫した1年間

2014.05.07 (Wed)

Until I was sent to Tottori on the JET (Japan Exchange and Teaching) Programme, the truth is that I had never been to the San’in region. Worse than that, the only time I’d been to the Chugoku region was one time staying in Hiroshima, so when I got my letter telling me where I would be sent, I had to go and look at the map to work out where Tottori even was.

It’s been a year since I learnt where Tottori is. In that time, as well as being able to learn a lot about places that even many Japanese people don’t know, I’ve travelled with my husband around not only the prefecture but also Okayama and Shimane prefectures. Because of that, even me, who is not very good at geography, has come to know a lot about the Chugoku region, which has been great.

At the end of last year, my family came to visit, and we spent some time in a beautiful house near Mimasaka in Okayama prefecture, amid beautiful surroundings. In autumn last year, we went to Chizu, where we met a lovely and very knowledgeable volunteer guide, who told us all about the area’s history. We went again in February to enjoy the Snow Festival, and walked around the historic streets, drank amazake and looked at the different snow sculptures. We have also been to Matsue and Izumo Grand Shrine, which was particularly impressive.

I was pretty nervous before we came to Tottori, because I had no idea what to expect. But the longer I am here, the more I realise how wonderful an area this is. I am so glad I was sent here!

私はJETプログラム(外国語青年招致事業)で鳥取県に派遣されるまで、実は山陰地方を訪れたことがありませんでした。それどころか、中国地方を訪れたのも広島市に宿泊したとき以来で、私の元に派遣先の通知書が届いた際には、すぐに鳥取県の位置を地図で調べたほどです。

早いものでその日から1年が経ちました。この間、日本人でもあまり知らないようなことを学んだほか、県内に限らず岡山県や島根県などを夫と2人で旅行することができました。おかげで地理が苦手な私でも中国地方のことをいろいろと知ることができ、とても幸せです。

昨年末に祖国から家族が遊びに来た際、岡山県の美作市周辺の民宿に宿泊しました。家族とすてきな景色をゆったりと眺めながら、充実した家族の時間を過ごせました。昨年の秋に智頭町を訪れた際には、とても親切なボランティアガイドさんに地域の歴史などを教えていただきました。また、2月に開催された雪まつりでは、風情ある街並みを散策して甘酒やおでんをいただいたり、雪だるまを見たりと、とても楽しかったです。このほか、松江市や出雲市なども訪れ、とても印象的な出雲大社を参拝することができました。

鳥取県に来る前はとても不安でしたが、時間が経てば経つほど地域の良さをたくさん知ることができました。鳥取県に派遣されて本当に良かったと思います。

 

h1

Japanese English 和製英語

2014.04.04 (Fri)

The first time my friend said to me in Japanese, “I want to become smarter, so I’m going on a diet”, I couldn’t understand the connection between the two. And when I was told, “These clothes are order-made”, or, “Next year, I’m planning to reform my house”, it was like some sort of riddle. Do you know why?

It’s because I thought the words were English. I didn’t realise that, in Japanese, ‘smart’ meant slim, ‘order made’ meant tailor made, or that ‘reform’ meant renovate. What is extra confusing is that sometimes words come across from English with the same meaning, like ‘diet’, whereas others, like ‘smart’, take on a different nuance.

Actually, in exactly the same way, English also takes words from languages all over the world. For example, in the sentence, “The honcho rode in a rickshaw”, honcho and rickshaw are both originally Japanese words. Now, while ‘rickshaw’ has the same meaning as (jin)rikisha in Japanese, honcho means an important person, whereas in Japanese, it denotes a section head, so, slightly different nuance. And probably most native English speakers use those words without realising they come from Japanese.

The meaning of words is flexible, and language itself is fluid. So it’s not surprising that, when two languages come up against each other and swap words, the meaning and the usage of those words changes in the new context. I don’t think that’s a bad thing; actually, I think it’s really interesting, because you can see new ways of using words. Both Australian and Japanese people like playing with words, so isn’t this just another type of wordplay?

Finally, I want to tell you my favorite wasei-eigo (Japanese English) words, with the English meaning in brackets after the word. They are: skinship (physical contact between people), konsento (power outlet), and service (complimentary goods). Even though, in Japanese, they look like they are English words, they are actually have meanings that are unique to Japanese. The first time I heard these words, I was very confused. But now it’s the opposite, and I sometimes use them in English and get very strange looks from people.

初めて日本語で、「もっとスマートになりたいから、ダイエットすることにした」と友達に言われたとき、スマートとダイエットとの関係がまったく分かりませんでした。同じように「この服はオーダーメイドだよ」とか「来年、家をリフォームするつもり」と言われても、何を言っているのかとても謎でした。なぜだか分かりますか?

それは、私がこれらの言葉を英語と思い込んでいて、スマートがsmart (英語では「かしこい」)、オーダーメイドがorder made (注文済ませた)、リフォームがreform(改革)と思っていたので理解できなかったのです。特に紛らわしいのは、例えばダイエットは英語本来の意味なのに、どうしてスマートは異った意味で使われているのでしょうか。

実は英語も同じように、世界中の言語を適当に取り入れて造られています。例えば、”The(ザ) honcho(ハンチョウ) rode(ロード) in(イン) a(ア) rickshaw(リキシャ)”の文章は、「班長は人力車に乗った」という意味ですが、honcho(ハンチョウ)は「班長」、rickshaw(リキシャ)は「人力車」と、日本語からきている言葉が入っています。ただ、rickshawは「人力車」と同じですが、honchoは「偉い人」という意味で使っています。たぶん一般的な英語圏の人は、日本語に由来を知らずに普通に使っています。

言葉の定義は柔軟なもので、言語自体もとても流動的です。その上、二つの言語が交流したりぶつかったりすると、意味や使い方が変わってくることがあります。それは、悲しいことではなく「あ、こういう使い方もあるんだ」と、とても面白いことだと思います。日本人もオーストラリア人も言葉で遊ぶのが大好きですが、これも一つの言葉遊びではありませんか。

最後に、私の一番好きな和製英語(カッコは英語で一番近い意味)を紹介します。それは、スキンシップ(英語で当たる言葉がない!!)、コンセント(承諾)、サービス(業務)です。見た目は英語ですが、実は日本語独特の意味で使われているので、初めて聞いたときはすごく当惑しました。でも今は逆に、英語で会話しているときに使うこともあって、よく不思議な顔をされます(笑)。

 

h1

What I’ve learnt about Hawaii since coming to Yurihama 湯梨浜町に来てハワイについて学んだこと

2014.03.07 (Fri)
Image by bandita, via wikimedia

Image by bandita, via wikimedia

Since coming to Yurihama, I’ve learnt a lot of things about the American state of Hawaii, where our sister city is. Some of those things surprised me, so I thought I would tell you about them!

1. The State of Hawaii has no racial majority

While the majority of Americans are white, there are four American states where there is no white majority, and one of those states is Hawaii. When you look at the demographics of Hawaii, it seems you can create four large groups: the original Hawaiian peoples, the descendants of the many immigrants who came a century ago to work on the sugar plantations and so on, people from around the world who have emigrated to Hawaii since then, and then people who have born in Hawaii from parents belonging to all of those groups. It is really a very mixed place, and no one group is a majority.

2. One in every six people in Hawaii has Japanese ancestry

I knew that in Hawaii, there was a lot of Japanese language, food and culture, but I didn’t know that 16%, that is, one in six people had Japanese ancestry. I was also surprised to find out that in the 1920s, 43% of the Hawaiian population was Japanese.

3. Spam musubi actually has a long history

Recently, rolled sushi and onigiri have become popular around the world, and of course, their contents have been influenced by the food culture of those various countries. California rolls are one example, but there are lots of things, like avocado and cream cheese, that turn up in sushi rolls all over the world that you wouldn’t see much in Japan. I had thought that spam musubi was just another example of this recent unusual “sushi”, but I have found out that it’s actually been around for over 60 years, since just after the end of the second world war.

4. In Hawaii, it’s not “spring summer autumn winter”, but “spring summer spring spring”

Of course there are lots of places around the world that have four seasons just like Japan, but in Hawaii, apparently it’s more like “spring summer spring spring”. In a typical year, there are nine months that are basically around the same, and then a short period when it is hotter. Digging a little deeper, with mid-winter temperature ranging from 18℃ to 28℃, and mid-summer from 24℃ to 31℃, it seems like a pretty pleasant climate all year round, without much change in temperature or humidity.

湯梨浜町に赴任してから、姉妹都市関係にあるアメリカハワイ州のことをたくさん学んできましたが、その中でも驚いたことをいくつか紹介したいと思います。

1.ハワイ州では過半数の民族がないこと

アメリカ人の過半数は白人ですが、白人が過半数に満たない州が4つあり、その中の1つがハワイ州です。ハワイの人口構成を見てみると、原住民、百年前ぐらいにサトウキビ畑などで働くために移民してきた人々の子孫、世界各国から移民してきた人々、そして、多数の民族の間で産まれた子供たちと、大きく4つに分けることができます。本当にいろいろな民族が暮らしているんですね。

2.ハワイの人口の6人に1人は日系とのこと

ハワイでは日本語をはじめ、日本食や日本文化がたくさんあることは知っていましたが、ハワイの人口の16%、つまり、6人に1人が日系人であることは知りませんでした。1920年代、ハワイの人口の43%が日本人や日系人だったことにも、驚きました。

3.スパムむすびには長い歴史があるということ

最近、巻き寿司やおにぎりが世界中で流行していますが、当然、その中の具はその国の食文化に影響されますよね。カリフォルニアロールは一つの例ですが、アボカドやクリームチーズなど、日本であまりみかけない食物もたくさん巻き寿司の具になっています。スパムむすびも最近できたちょっと変わったスシの一つだと思っていましたが、実は60年前の第2次世界大戦の直後に作られたものらしいのです。

4.春夏秋冬ではなくて「春夏春春」であること

世界中には日本のように四季がある国はたくさんありますが、ハワイは「春夏春春」といった感じに近いようです。1年の9ヶ月ぐらいはほぼ同じ気候で、短期間少しだけ暑くなるときがあるようです。調べてみると、真冬の気温は18℃から28℃、真夏は24℃から31℃なので、気温も湿度もそれほど変化もなく、年中過ごしやすい気候のようです。