h1

☆マレーシア ・ インドネシア☆

2015.01.19 (Mon)

この間マレーシアとインドネシアへ旅行する機会があって、クリスマスとお正月を海外で過ごしました。両国とも行ったことがないし、現地の言葉も分かりませんが、新しい経験や料理、異文化に触れることを楽しみにしていましたね。

初めて東南アジアに行ったので、新しい発見がいっぱいありましたね。特にインドネシアのジョグジャカルタの混み合う道路(特に交差点)には大変ビックリしました! 普通の車やバスやバイクなどに加え、Becak(ベチャ)という三輪自転車タクシー、Dokar(ドッカル)という馬車、Ojek (オジェック)というバイクタクシーも、車線を気にせず、攻撃的な走りをしていました。無秩序のように見えましたが、交通事故もなかったし、スピードも落ちることもなかったので、運転手たちは軽快なリズムで運転しているのでしょう…。

その後、にぎやかな市場で買い物したり(値段の駆け引きは苦手ですが…)、ガドガドやラクサ等の食べ物を試したり、インドネシアのボロブドゥール寺院遺跡群やプランバナン寺院群などの名所を観光したりしました。特に気に入ったのは、バトゥ洞窟とウブドのモンキーフォレストです。バトゥ洞窟というのは、マレーシアにあるムルガン神を祭るヒンドゥー聖地です。入るには272もの階段を登らなければならないので、本当にきつかったですが、頑張って登って良かったですね! そこは風光明媚な所で、パワースポットだと感じました。

そして、バリ島にあるウブドのモンキーフォレストに入る前には、ペットボトルを持ち込まないようにと注意されたので、水を飲みきろうとしました。そのとき突然、モンキーが私のところに飛んできて(出入口から出たかも?)、ペットボトルを取ってしまいました! どうしようと思ったら、モンキーが一瞬ペットボトルを放しましたので、そのときに奪い取りました。園内に入っても、モンキーが私と友達の頭に飛んできて座りました。バナナも販売されていましたが、残念ながら買わなかったのであげられませんでした。モンキーたちはすごく可愛かったですけど…、その夜は髪の毛を徹底的に洗いましたね(笑)。

あと、最初はちょっと遠慮していましたが、インドネシアの特別なコーヒーコピルアクを飲んでみました。ブラックはちょっと高くて、飲んでみたら酸味のあるコーヒーでしたが、絶妙な味でおいしかったです。コーヒー好きの方にはお勧めですね!

また、通りでも何回も見ましたが、気になった果物がありました。ある日、優しいおばさんにサンプルをいただき味わってみましたが、すごくおいしかったです! 何という果物かと聞いたら、「セラク」と教えてもらいました。

英語は英語圏の文化だけじゃなく、世界中に使われている言語であると改めて感じました。私はインドネシア語もマレーシア語も全然わかりませんが、問題になることもなく、英語とジェスチャーでコミュニケーションが十分取れました。英語ができる住民やガイド、英語で書いてあるサインやメニューは数多くあったので、本当に助かりました。アメリカとか英国とかに興味を持たなくても、このように英語は何かと役立つときが多いので、皆さん、ぜひ5月からの英会話教室に参加してみてくださいね♪

お知らせのような文書になってしまいましたね…。なかなか皆さんに実感が伝わっていないんだろうなと思います。やっぱり、実際に食事を味わったり、自分の目で歴史や趣深い遺跡を見たりと、現地で住民と異文化に直接触れることができれば、想像の世界を超えて、自分で楽しんだり、癒されたり、成長したり、新しいことを学んだりと、本当に貴重な経験になるんじゃないかと思います。読むことより、感じることですよね。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: