h1

Australian school lunches オーストラリアの学校のランチ

2014.07.10 (Thu)

lunch

The thing is, in Australia we don’t have school lunches (maybe at some private schools…). School students bring a lunch box from home, or buy their lunch from the school canteen. In some schools, they have a ‘lunch order’ system where in the morning you write your name, class and your order on a paper bag and put your money in.

School canteens sell a range of things like sandwiches and light meals, fruit and water. With obesity becoming more of an issue in recent years, some schools have started banning the sales of junk food like Coca-Cola and potato chips. Some canteens are run by parents and volunteers, rather than by a business.

Another thing is where the kids eat lunch. Unlike America, where there are cafeterias, or in Japan where they eat in the classroom, Australian kids usually eat lunch outside, or if the weather is bad, in the gym or under covered areas. As well as lunch, there is morning teatime, when the student will eat a snack or some fruit.

The average Aussie lunchbox is very different to a Japanese obento (lunch box). Plastic containers are common, and they are on the larger size. This isn’t so that lots of food can fit it, but more because it’s normal to include a frozen drink box or bottle, to keep the lunch cool until it’s time to eat it.

Finally, there are a lot of Australian kids who make their own lunches. Of course, when they’re small, their parents or carers will make their lunch, but from about 8 years old onwards, it’s thought to be good for kids to make their own lunch (of course, with some help and a bit of checking of the contents by parents from time to time!).

実はオーストラリアの学校には給食がありません(私立ではたまにあるようですが・・・)。子供たちはランチボックス(お弁当)を持参するか、学校にあるキャンティーン(売店)を利用します。小学校では、朝に紙袋に名前、クラスと注文を書き込んでお金を入れるランチオーダー制度もあります。

キャンティーンでは、サンドイッチや軽食、果物、お水などが売られていますが、最近肥満のことが話題になっていることもあり、コカコーラやポテトチップスなどは販売を禁止している学校もあります。また、キャンティーンの運営を親たちがボランティアでやっている学校もあります。

さて、オーストラリアではランチを食べる場所は、アメリカのようにカフェテリアではなく、日本のように教室内でもなく、屋外でランチを食べます(天気が悪い場合は体育館や屋根付きの通路とかで)。そして、ランチのほかにモーニングティー(中休み)の時間もあり、そのときに果物やお菓子を食べています。

そして、ランチボックスは日本のお弁当とかなり違っています。一応、箱に入っている昼食ということは確かですが、全く別物です。一般的にはサンドイッチ、飲み物(水やジューズ)、果物一個、ヨーグルトとスナックなどですが、オーストラリアは移民の国と言われるように、ケバブからおにぎりまでのバラエティ豊かです。ただ、最近はお菓子など栄養の偏った物が増えてきているようで、子育ての面で問題になっています。その点で、最近日本式のお弁当もクローズアップされています。

それに、ランチボックスは日本のお弁当ほどかわいくないです。タッパーみたいなものが多いし、サイズも大きめです。それは食べ物をたくさん入れるためではなく、弁当の中身を冷やすために凍らしたパックジュースや水筒を入れるためです。

最後に、オーストラリアの子供たちは、自分で弁当を作る子が少なくありません。もちろん小さいときは親に作ってもらうのですが、8才頃から自分でランチボックスを作ることが大切と思われています(もちろん親が手伝ったり、中身を確認したりすることも!)。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: