h1

Three energy saving tips with cultural clues 3つの節電方法で異文化が分かる

2013.11.14 (Thu)

In Australia, much like Japan, energy conservation has become a big topic of interest. In recent years, energy prices have skyrocketed, and everyone has become particularly interested in ways to keep gas and electricity bills low. As you’d expect, a number of energy saving measures have been promoted and become common sense. Of course, there are many that are the same across both countries, like turning out the lights in an empty room, or using a lid on your saucepan while cooking. But there’s a few that, on closer inspection, highlight interesting cultural differences. Let’s take a look.

Australia

Turn off appliances at the wall.

All Australian powerpoints are required by law to have switches. It’s thought that turning an appliance off at the wall switch is more effective in saving energy than simply turning it off.

Install a water-saving showerhead and limit showers to 5 minutes or less.

With Australia being an arid country, water-saving measures have been a focus for some time.

Use your pool pump wisely.

With large lot sizes, hot summers and a strong sports culture, 12% of Australian households have a swimming pool. However, the maintenance of those pools can eat up to a third of the household’s energy costs. In particular, the electricity used by a pool pump can be more than the washing machine, drying and dishwasher put together.

Japan

On the other hand, there are three energy saving hints that most Japanese people would read and think “yeah, that seems natural”, that I think actually show some of the unique aspects of Japanese culture.

When your washlet toilet isn’t in use, keep the lid down to conserve the heat and set the water temperature to “low”.

In Australia, there are barely any washlet toilets. In fact, it’s possible that Australians wouldn’t know what “setting the water temperature to low” even referred to.

washlet

Re-use bathwater for washing clothes.

Because the way that Australians use baths is different, the bath water can’t be reused for clothes washing. Having said that, we do use clothes washing rinse water and shower water on the garden.

Avoid using the automatic heating function on the bath.

I think it’s a shame, but an automatic heating function is just not something you would find on an Australian bath!

オーストラリアでは、日本と同じく、省エネが大きな話題になっています。近年、電気料金がぐんと上がってから、電気代とガス代を抑える方法に、みんながとても興味を持つようになりました。どおりで、いくつかの節電のコツがよく知られるようになって、常識になったように思われます。もちろん、不在の部屋は消灯するとか、料理する時はなべにふたをするとか、日本と変わらないものもたくさんあります。でも、あるコツを見ると、文化や生活の面白い違いが表れています。少し見てみましょう。

オーストラリア

「電気はコンセントのスイッチで切ること。」

オーストラリアは法に従ってコンセントには必ずスイッチが付いています。電源をオフにするよりも、コンセントでオフにした方が、より効果的であると思われています。

power_point

「 節水タイプのシャワーヘッドを取り付けて、シャワーは5分以内で済ませる。」

乾燥地のオーストラリアでは前々から節水は大きな問題になっていて、毎日入浴するのは、自分ひとりではシャワーが浴びられない小さな子供ぐらいです。大人はだいたいシャワーで済ませて、週末や休みの日に、贅沢な気持ちでお風呂に入るのではないでしょうか。

「プールポンプを賢く利用する。」

敷地面積が広く、夏もとても暑く、スポーツ文化が根強い国であるオーストラリアでは家の12%にプールがあるそうです。そのプールの維持には、家のエネルギー代の約3割掛かります。特にプールポンプの電気代が、洗濯機、衣類乾燥機と食器洗濯機を合わせたものよりも多いのです。

Backyardpool

日本

一方、皆さんが読むと「うんうん、そうだな」と思うはずですが、次の節電方法は日本の文化の独自性な所を表していると思います。

「ウォシュレットを使わない時は、ふたを閉め保温効果を維持し、温水の設定温度を「弱」にする。」

オーストラリアには、温水洗浄便座やウォシュレットはめったにありません。「温水の温度を設定する」という意味もあまり通じないかもしれません。

「洗濯は、お風呂の残り湯を利用すること。」

オーストラリアでは、お風呂の入り方が違うため、残り湯を洗濯に再利用できません。とはいうものの、よく洗濯機の洗浄水やシャワーの残り湯は庭で再利用しています。

「お風呂の自動保温機能をできるだけ止める。」

私は残念と思いながら、お風呂に自動保温機能が付くのは、オーストラリアではありえ得ないことです!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: